29日午前9時50分ごろ、座間味島沖でダイビングツアーに参加していた男性(47)が体調不良を訴えた後に意識不明となり、約50分後に搬送先の島内の診療所で死亡した。那覇海上保安部によると、男性は午前9時ごろから「ドラゴンレディ」と呼ばれるダイビングポイントでスタッフ1人を伴って潜っていた。那覇海保が事故原因を調べている。