大弦小弦

[大弦小弦]「アイ~ン」「バカ殿様」「変なおじさん」…笑いの背後にあった職人気質

2020年3月31日 07:37

 1970~80年代、土曜夜8時のお茶の間を席巻したテレビ番組「8時だヨ!全員集合」。ヒゲダンスや替え歌「カラスの勝手でしょ」などのギャグに子どもたちは腹を抱えた。週明けの小学校ではコントや「生麦、生米、生卵」の早口言葉をまねる男子がいたほど

▼ザ・ドリフターズの人気をけん引した志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。感染判明から1週間。70歳での突然の別れに、盟友・加藤茶さんは「コロナが憎い」と嘆いた

▼代名詞となった「アイ~ン」。白塗り顔の「バカ殿様」、「ハイサイおじさん」の曲に乗せた「変なおじさん」。変幻自在の顔芸やコミカルな身のこなしで笑いを生みだし続けた

▼自著「志村流」では、素と芸人とキャラクターの3人の志村がいると記している。キャラの役柄を作る時は「100パーセントなりきって感情表現を研究する」徹底ぶりだった

▼個性的でも常識を大事にした。約束の10分前には現場に到着する。コントは綿密に下準備をして作り込みながら、苦労した跡は見せない。笑いの背後にあった職人気質を改めて知る

▼初主演予定だった映画「キネマの神様」の山田洋次監督は「言葉を失うほどの衝撃。喜劇の世界の宝でした」と惜しんだ。「だいじょうぶだぁ」。そう言ってお茶の間に戻ってきてほしかった。(大門雅子)

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。