「やっぱりステーキ」を運営するディーズプランニング(那覇市、義元大蔵代表)は4月1、2の両日、那覇市松山のカクテルプラザ店で中学生以下の子どもたちにステーキ弁当を無料で提供する。両日共に午前11時からで限定50食。

やっぱりステーキ

 弁当1個に500円かかるが、食事料金を負担して家族や友人、第三者にごちそうできるアプリ「ごちめし」で子どもたちに弁当をごちそうする人を募る。目標数に達しなくても自社で負担して提供する。

 今回に限らず無償提供を継続することも検討しており、店舗も増やす予定。アプリで得た収益の一部は児童館などに寄付する。金城守店長、國吉耕一戦略本部次長らが30日、沖縄タイムス社を訪れ、利用を呼び掛けた。