日本最大種の蝶オオゴマダラが1日、「県蝶」に制定され、沖縄のシンボルに仲間入りした。デイゴ(県花)やノグチゲラ(県鳥)、グルクン(県魚)などに次いで七つ目の制定で、48年ぶり。 白地に黒いまだら模様が特徴で、県内に広く分布。