那覇市は3月31日、市外に住む3人の成年後見人を務めていた40代の市職員が3人の預金口座から約398万円を着服していたとして同日付で懲戒免職としたと発表した。城間幹子市長は再発防止に向けて職員への服務規律の確保を呼び掛け、市民の信頼回復に努めていくとした。