7割以上の愛煙家が、近年の喫煙環境の変化に「肩身が狭い」と感じている―。医療用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(東京)が、全国の816人を対象に調査した結果を発表した。1日から受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が全面施行となり、禁煙に取り組むきっかけにしたいなどとした回答は喫煙者の6割を超えた。

 調査は昨年12月~今年2月、25~45歳の男性喫煙者216人と、20~40代の禁煙中の人と非喫煙者の男女計300人ずつを対象に、インターネットで実施した。(共同通信)