名護市辺野古の新基地建設を巡り、防衛省が軟弱地盤の改良について提言、助言を受ける有識者会議「技術検討会」に示したこれまでの資料で、20カ所に誤りがあり、修正したことが判明した。同省は工程や工費に影響はないと説明。修正が生じたことに各委員からは異論はなく、工事計画を追認した。