沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄旅行「2週間制限を」 専門家会議が指摘 県外からの「移入例」多く対策求める

2020年4月6日 09:11

 沖縄県が設置する感染症対策専門家会議が5日夜、南風原町の県医師会館で開かれた。県外で新型コロナウイルスに感染したとみられる「移入例」が多いことから、県外からの旅行を「2週間程度制限する」など期間を区切った運用を求める意見が出た。今後、県が検討に入る。

観光客らでにぎわう商店街=石垣市

専門家会議の意見ポイント

観光客らでにぎわう商店街=石垣市 専門家会議の意見ポイント

 会議冒頭、県の大城玲子保健医療部長は「感染経路を追えない症例が複数報告され、重要な対策が求められている」とし「市中感染」が始まっているとの認識を示した。

 会議では、県民に「3密」(密集、密閉、密接)を避けるよう改めて呼び掛けるべきだと話し合われた。

 今後感染する人が増えた際、県内で感染症対策に対応できる医療機関の入院病床(ベッド)が限られていることについても情報を共有。県内の受け入れ可能な病床は約40(指定医療機関24、協力医療機関15床前後)で、今後も患者が増えることが想定されるとし、指定医療機関で新型コロナウイルスに感染していない患者を別の医療機関に転院させ、病床を確保するなどの意見があったという。

 感染拡大を想定し、病院間でも感染者の入院先を共有するべきだとの意見もあった。

 会議は3月25日に続き2回目。座長は琉球大学大学院の藤田次郎教授に決まった。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
皆様のご投票をお待ちしております。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!