蓮池の水面(みなも)から伸びる木のくいに1羽のカモメ。彼方(かなた)の高層ビル群へのまなざしは、穏やかながら意思を秘めているようにも見える。うるま市の石川哲子さん(70)の絵画「都会の孤独」。今年、沖展賞を射止めた▼老後の生きがいにと50歳を過ぎてから絵筆を取った。