沖縄県高校野球連盟は6日、臨時理事会を開き、県内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、準々決勝までを終えた第67回県春季大会の中止を決めた。大会の優勝校はなく、4強に進んだ中部商業、沖縄工業、宮古、日本ウェルネスは夏の全国選手権沖縄大会のシード権を獲得した。

(イメージ写真)フリー写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 新型コロナ感染者の増加と、県教育庁が5日に県立高校の2週間程度の一斉臨時休校を決定したことから臨時理事会を開き、対応を検討した。