胃心地いいね

オーナーはラジオパーソナリティー うるま市「スタジオカフェ ロッソロッソ」

2016年4月8日 14:19

 うるま市内を一望できる高台の住宅街で、ひときわ目立つ赤い旗が店の目印。イタリア語で「赤」を意味する店名の「ROSSO×ROSSO」は「街に紅をさすような存在でありたい」という思いが込められている。

スパゲティ・アマトリチャーナ

スクリーンやステージも設置できる広々とした店内

オーナーの中村一枝さん

スパゲティ・アマトリチャーナ スクリーンやステージも設置できる広々とした店内 オーナーの中村一枝さん

 「うるま市の雰囲気を彩るような場所になれれば」。そう話すのは、オーナーでラジオパーソナリティーの中村一枝さん。「食事やお酒を楽しみながらイベントができる空間をつくりたい」と、ステージや音響ブースなどを備えたスタジオカフェとして昨年9月にオープンした。

 料理家の安谷屋純一さんの助手を務めた経験のある中村さん。一番のおすすめメニューは「スパゲティ・アマトリチャーナ」(税別1200円。サラダ、スープ、ドリンク付き)だ。トマトの甘さが引き立つソースは師匠直伝。ニンニクとベーコンの香ばしさが食欲をそそる。

 子ども連れの主婦が多いランチタイムはロコモコやパスタも人気。「ママたちが子どもと一緒にゆっくりできるように」と、店内にはおむつ替えや授乳ができるベビールームも備える。

 バータイムで提供するお酒は100種類以上。牛ステーキやイベリコ豚のソテーなど、お酒が進むメニューがそろう。店の設備を生かして、ライブイベントなどの利用も多い。

 中村さんは「思い思いの楽しみ方ができる公民館のような存在が目標」と話している。(中部報道部・松田麗香)

 【お店データ】うるま市田場955の1(1階)。営業時間はランチタイムが午前11時半~午後2時。バータイムが午後5時~午前0時。月曜定休。駐車場あり。電話098(989)8511。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索