胃心地いいね

うなぎとコーヒー、新食感 浦添市港川「うなカフェ」

2016年4月1日 11:16

 白いレースのカーテンがかかった窓辺。ラベンダーやローズマリー、レモングラスなどのハーブが風に揺れる。BGMはジャズ。そんな店内で、おかわり自由のコーヒーと一緒にうな重が出てくる。うなぎを気軽に楽しめるカフェ、うなカフェだ。

テークアウトもできるうな重の上

「うなカフェ」を商標登録して経営している高城信子さん=23日、浦添市港川の「うなカフェ」

テークアウトもできるうな重の上 「うなカフェ」を商標登録して経営している高城信子さん=23日、浦添市港川の「うなカフェ」

 うな重の上は1800円。お茶漬けを添えたひつまぶしは2500円。かば焼きを2枚乗せたうな重の特上は3千円。どれも、お吸い物や香の物、ほどよい甘さのぜんざいが付く。

 オーナーの高城信子さん(70)は「実は私、うなぎはあんまり好きじゃなかったんです」と明かす。皮と身の間の脂身を泥臭く感じていたという。ところが約3年前、県出身の友人がオーナーをしている千代田区の「うな兆」で食べたうなぎにほれ込んだ。ふんわりした舌触りに絡む、脂身のさりげないコク。うな兆が独自の養鰻場で育てた逸品だった。うなカフェは、そのうな兆からかば焼きを仕入れ、富山県産の米と合わせている。

 もともとブティックを営んでいた高城さんは約30年前、食いしん坊が高じて浦添市港川の外人住宅でフランス料理店「寓話(ぐうわ)inn」の経営を始めた。10年前にいったん閉めたが、その後「もう一度お店をしたい」とムズムズしてしまったといい、おととし6月にうなカフェをオープンさせた。

 お店に毎日午後から顔を出すのが日課。「お客さまをお迎えしたいという私の長年の職業病です」と笑う。

 一人でも、家族連れでも、おじいちゃんおばあちゃんが一緒でも楽しめる、うなぎのカフェ。「新しいスタイルでどこまでやれるか、ありきたりじゃなくエキサイティングな気持ちでおもてなししたいんです」。(浦添西原担当・平島夏実)

 【お店データ】浦添市港川1の32の2の101。営業時間は午前11時~午後6時。定休なし。駐車場15台。うな重上のテークアウトは平日午後3時~午後6時なら1680円、土日は1400円。電話098(943)2919。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。