胃心地いいね

アグーたっぷりのカレー 今帰仁村諸志「今帰仁古民家カフェやふぁやふぁ」

2016年1月22日 11:00

 「アグーカレー」と聞いて、「きっとアグーはちょっとしか入っていないだろう」と思った人は、試しに行ってみてほしい。今帰仁村諸志にある「今帰仁古民家カフェやふぁやふぁ」のアグーカレーには、アグーがぜいたくに入っているのだ。

アグーがたっぷり入ったアグーカレー

カフェには観光客だけでなく住民も集まり、羽地さん(右から3人目)とのおしゃべりが始まる=8日、今帰仁村諸志

アグーがたっぷり入ったアグーカレー カフェには観光客だけでなく住民も集まり、羽地さん(右から3人目)とのおしゃべりが始まる=8日、今帰仁村諸志

 もとは諸志共同売店だった築60年の古民家。カフェオーナーの羽地裕治さんが、売店を復活させる条件付きで古民家を公民館から借り受け、3カ月かけて修繕。昨年6月に諸志売店、同11月にはカフェも始めた。古民家で売店とカフェが仕切りなしで営まれ、観光客と住民が交わる新たな拠点となっている。

 目玉メニューは、アグーカレー(税込み800円)。県産ウコンで黄金に色づいたライスに、地元産のフルーツを隠し味にしたルーが重なる。その上にソテーしたアグーがたっぷり。お気に入りのカレー店に何度も通い、研究してたどり着いた味という。

 アグーそば(同)にアグーソーセージ(同)と、アグーが売りのメニューが並ぶ。そのほか、ラフテーカレー(税込み600円)や沖縄そば(同)もある。

 地域を盛り上げようと近所で沖縄産コーヒーを栽培する金城重信さんと共同で、春にはコーヒーの花の花見会、冬にはカフェで1日20杯限定のコーヒーを出す予定という。

 店内を見渡せばあめ色になった棚や柱、共同売店で使われていた年季の入った金庫も残されている。買い物が困難なお年寄りに協力しようと、羽地さんが生活用品を配達する時もあるという。

 羽地さんは「地元の人のコミュニケーションの場になっている」と喜び、「昔の沖縄を懐かしんでほしいので、観光客もゆんたくしに来てほしい」と話した。(北部報道部・榮門琴音)

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
「琉球歴史文化の日」制定記念特集
「琉球歴史文化の日」制定記念特集
11月1日、この日を「琉球歴史文化の日」と定め、沖縄の歴史と文化への理解を深めると同時に、新たな歴史と文化を創造していくためのきっかけとしていきます。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。
よみがえれ首里城 火災から2年特設サイト
よみがえれ首里城 火災から2年特設サイト
首里城が火災で焼失して2年。復元事業の進捗や現状を特集で紹介する。
沖縄タイムスのイチオシ
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
オンラインでまるごと久米島2021
オンラインでまるごと久米島2021
ふるさと元気応援企画第27弾 今年もオンラインで久米島の特産品を販売します! 12月1日から19日まで開催です。
第73回沖展 作品募集要項/出品目録
第73回沖展 作品募集要項/出品目録
沖展2年ぶりに作品募集します。沖縄県内最大の美術工芸公募展として歴史と伝統のある沖展に奮ってご応募ください。意欲ある作品を期待します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
あなたも応募できる!”フルカラー”キャンペーン
あなたも応募できる!”フルカラー”キャンペーン
2022年元旦号から、全ページフルカラーに生まれ変わります。より多くの皆さまに新しい沖縄タイムスを読んでいただきたく、豪華賞品がキャンペーンを展開中!。ふるってご応募ください。