胃心地いいね

復活の味「チキンソテー」、常連の舌喜ぶ 宮古島市平良西里「スペース食堂」

2015年12月25日 10:57

 道路拡張で昨年2月に一時閉店した「喫茶スペース」が移転し、今年10月、新たに「スペース食堂」として“復活”した。再オープンから2カ月。多くのファンが人気メニュー「チキンソテー」(800円)などを求めて足しげく店に通っている。

抜群の人気を誇る「チキンソテー」

こだわりの料理を提供する店主の砂川朝賢さん(左)とスタッフ=宮古島市平良西里

抜群の人気を誇る「チキンソテー」 こだわりの料理を提供する店主の砂川朝賢さん(左)とスタッフ=宮古島市平良西里

 以前、同店は市平良西里の「マクラム通り」沿いにあり、15年ほど営業していた。店主の砂川朝賢さん(61)は客が再開店を聞きつけて殺到していることに「こんなにも早く皆さんに喜んでもらえてうれしい。離れた恋人に再会できた気分なのかな」と笑う。近所住民や熱烈な「スペースファン」のほか、大橋を渡り伊良部島から持ち帰り弁当を買いに来る常連もいるという。

 看板メニューのチキンソテーはじっくり焼き上げる。表はパリッと、中は軟らかくジューシー。秘伝のタレとニンニクスライスが食欲をそそる自慢の一品だ。サイコロステーキ(1000円~)やリブステーキ(1400円~)、ハンバーグ(800円)なども人気急上昇中だ。日替わりランチメニュー(700円)の提供も始めた。ご飯もガス釜でおいしく炊き上げる。

 砂川さんとスタッフがアイデアを出し合いメニュー考える。「常に新しい料理を開発しないと。飽きさせませんよ」と砂川さん。野菜など新鮮な地元の食材を使うことにもこだわりがある。

 同店は夜も営業。音楽活動もしている砂川さんの歌をBGMに、食事と酒で盛り上がることもあるという。

 座席数は全22席でこぢんまりとした店内だが、「ファミリーでも楽しめる空間をつくっていきたい」という。

 これからも地域に愛されるよう、こだわりの食事と空間作りを続けていくつもりだ。(宮古支局・新垣亮)

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
来春の選抜大会の切符を懸けて戦う九州大会の出場を目指し「第71回沖縄県高等学校野球秋季大会」の全試合をイニング速報します。
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。