胃心地いいね

ほろりと舌で溶ける味 名護市中山「369farm cafe(みるくふぁーむカフェ)」

2015年5月1日 11:21

 かき氷とぜんざいの季節がやってきた。

とろふわマンゴーかき氷(左)と紅芋みるくぜんざい。奥は各種のプリンパイ

自慢のかき氷機「白鶴」を使う堀之内さん=名護市中山

とろふわマンゴーかき氷(左)と紅芋みるくぜんざい。奥は各種のプリンパイ 自慢のかき氷機「白鶴」を使う堀之内さん=名護市中山

 ほろりほろりと舌の上で溶ける氷。カウンターにどっかり座る昭和20年代製のかき氷機「白鶴」が、パウダースノーのような氷を生む。

 シロップや練乳は全て手作り。さらさらとして甘さ控えめだから、器で溶けた後も平らげてしまう。

 「とろふわマンゴー」(699円)はマンゴーで作ったシロップの上に、さらに果肉たっぷりのソース。「紅芋みるくぜんざい」(568円)は県産紅芋入りの練乳がなめらかな味わいだ。

 通常サイズは高さ17センチほどで、器からあふれるばかり。テークアウトと小サイズもあり、「ぜんざい」ならどちらも257円とお手頃だ。

 農家とデザイナーの夫婦が「子どもたちも安心して食べられるものを」と、2年前に始めた小さなカフェ。

 看板も内装も手作りして、2人が付き合い始めた10年前以来の夢をかなえた。かき氷機も、その当時に買ってずっと大事に持っていたものだ。

 堀之内博文さん(37)=宮崎県出身=が大宜味村で育てたマンゴーを、美耶子さん(33)=那覇市出身=と試行錯誤しながら商品化してきた。

 マンゴーとタンカンのジャムは、沖縄総合事務局の表彰を受けた。

 エッグタルト風の「焼きプリンパイ」はオリジナルの命名。10種類以上あり、南部からも目当てのお客さんが来る(8月は休止)。

 博文さんは今、コーヒー栽培に挑戦中。自家栽培豆の水出しコーヒーを提供するのが、2人の次の目標だ。(北部報道部・阿部岳

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。