胃心地いいね

アグーと野菜たっぷり 今帰仁村湧川「和風コーヒー喫茶 佗助(わびすけ)」

2015年4月3日 13:08

 今帰仁村自慢の純粋な在来豚「今帰仁アグー」は甘さが違う。ランチの塩どんぶり(午後3時まで、980円)、しゃぶしゃぶ(2500円)など「脂のうまみを生かすため、余計な調味料を使わないようにしている」と、店主の東恩納美枝子さん(59)。

今帰仁アグーの甘みが生きたしょうが焼き

店主の東恩納美枝子さんが植物を生け、店内は庭園のようになっている

今帰仁アグーの甘みが生きたしょうが焼き 店主の東恩納美枝子さんが植物を生け、店内は庭園のようになっている

 しょうが焼き(1100円)も味付けはしょうゆ、みりん、しょうがだけ。シンプルだが、ご飯が進む。ご飯だけでなく、だしの効いたアーサ汁までお代わりを勧めてくれるので、つい食べ過ぎてしまう。

 健康志向の人には野菜たっぷりの佗助膳(850円)。地元の農家が裏口にそっと置いていく野菜を、工夫を凝らして料理する。喫茶店らしくスパゲティやピザトーストもあり、老若男女どんと来いのメニューだ。

 16年前にオープンした時、食事は出していなかった。夫婦ともに地元湧川出身の東恩納さん。「地域の人が落ち着ける場所を」と喫茶店を始めたが、あれもこれもと客の要望に応えているうち、本格料理店に変身してしまった。今では観光客も多い。

 元は義理の両親が経営していた商店を、友人が集まって改装した。店内は山から切り出した4メートルほどのセンダンの木が頭上を走り、日本庭園風のスペースも。茶室に入る前に手を清める「つくばい」まであるのは、東恩納さんが茶道の師範だから。抹茶(ようかん付き、600円)をたててくれる。

 さらに、生け花の師範でもある東恩納さん。店名は、ツバキの仲間に由来する。「華やか過ぎず、小さくて優しい感じが好きで」。今帰仁の村民気質にも通じるような、花の名が似合う店だ。(北部報道部・阿部岳

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。