沖縄タイムス+プラス ニュース

ガラガラ那覇空港、行き交う人々 観光客、コロナ対策「万全ですから」 墓参り・介護で移動する県民も

2020年4月9日 06:00

 来県を自粛してほしい―。新型コロナウイルスの相次ぐ感染を受け、玉城デニー知事が8日、そう呼び掛けた。県民にも不要不急の外出を控えるよう求めている。航空便で県内を訪れる人、外出する人はどう感じているのか。那覇空港で話を聞いた。(社会部・光墨祥吾)

新型コロナウイルスの影響で閑散とする那覇空港のロビー=8日、那覇空港旅客ターミナルビル

 正午すぎ、空港に向かうゆいレールの車内。乗客は1車両に十数人ほど。キャリーケースを持った2組の家族連れが会話を弾ませていた。大きな土産袋を手にし、楽しそうだ。

 ただ空港に到着すると、そんな姿はまばらに。マスクを付けた警備員や土産屋の店員の立ち話をする姿が目立つ。「空港内は普段の姿ではない。予約数も少ない」。航空会社のスタッフはそう漏らした。

 石垣島から来たというサービス業の男性会社員(50)は昨年亡くなった母の墓参りのため先週、糸満市を訪れた。新型コロナウイルスの影響を考え、墓参の数を少なくし参加したのは親戚4人で、所要時間は十数分とした。「配慮もしているし、これくらいの移動は許してほしい」と困り顔だ。

 本島で出稼ぎしている60代の女性は、夫が住む宮古島に向かおうとしていた。夫が体調を崩し、仕事を休んで駆け付けるという。「確かにコロナは心配。外出自粛も理解ができる。でも家族のことだし、行かざるを得ませんよ」と少し戸惑った様子だった。

 北海道滝川市から妻と来県した林業関係の男性社長(57)は3泊4日で恩納村に宿泊した。社員旅行の下見も兼ねて訪れた。「東京や大阪と比べれば沖縄は感染者が少ないし、観光でお金を落としたいという気持ちもあってね」と言う。

 名古屋市から来た30代の夫婦は、昨年9月からハワイ旅行を計画していたが、新型コロナウイルスの影響で渡航は中止に。以前から企画していた沖縄旅行に変更した。4泊5日で南城市の斎場御嶽や本部町の美ら海水族館を観光。会社員の夫(38)は「地元の人からしたら、観光客から感染するかもしれないと恐れる人はいると思う」。常にマスクを付け、消毒液を持参し手洗いうがいを徹底したとして「対策は万全ですから」と話した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!