沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の繁華街ガラガラ「金を取るか、命を取るか」 新型コロナで冷え込む客足 増える休業

2020年4月9日 06:01

 新型コロナウイルスの感染拡大で安倍晋三首相が緊急事態を宣言し、玉城デニー知事も来県自粛を呼び掛ける中、客足が細る那覇市の国際通り周辺の飲食店や、土産品店などが相次いで臨時休業に入った。本紙の調べでは8日までに、国際通りや周辺の平和通りなどで営業していた100店舗以上が休業している。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「休業」した店舗と、閑散とした国際通り=8日午後、那覇市(国吉聡志撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「休業」した店舗と、閑散とした国際通り=8日午後、那覇市(国吉聡志撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「休業」した店舗と、閑散とした国際通り=8日午後、那覇市(国吉聡志撮影) 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「休業」した店舗と、閑散とした国際通り=8日午後、那覇市(国吉聡志撮影)

 国際通りや平和通りの通行人はまばらで、シャッターを下ろした店が目立った。

 営業を続ける土産品店で働く女性(68)は「商品が全く売れない。うちの店の休業も時間の問題だ」と不安げな表情を浮かべた。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間