沖縄都市モノレール(ゆいレール)浦添延長に伴う駅舎関連工事が遅れたのは発注者の沖縄県の調査不足などに原因があるのに、請負契約を一方的に解除されたとして、那覇市の建設会社がこのほど、解除の無効を求めて那覇地裁に提訴した。同地裁は県の手法に疑義があるとして解除の撤回を勧告し、8日に和解が成立した。