日本経済研究センターは9日、2020年4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率が年率換算でマイナス11・08%になるとの民間予測をまとめた。リーマン・ショック時以来のマイナス幅となる。(共同通信)