ニュースナビ+プラス

「『ゲノム編集』食品の安全審査」を読み解く 嵩原義信氏 (JA沖縄中央会参事)

2019年5月1日 06:00有料

 厚生労働省の専門部会は、生物の遺伝子を効率的に改変するゲノム編集技術で品種改良した農水産物の多くに厳格な安全性の審査を求めず、国へ届け出れば販売してよいとする報告書をまとめた。夏にも食品として販売可能になる見通し。(3月18日)情報少なく拭えぬ不安 「ゲノム編集」に関する記事を目にする機会が増えた。

★新企画「ニュースナビプラス」とは? 百貨店やコンビニなどを抱える小売業大手の会長、人工知能(AI)を研究する大学教授、スイーツ開発・販売業社長、旅行会社のシンクタンク社長、仕出し店とIT企業を経営する若手社長の5氏が、それぞれの専門的な知見を基に、国内外の気になるニュースを読み解きます。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気