香りの高い花として知られ、清明(シーミー)の頃から咲く「テッポウユリ」(ユリ科)が、沖縄県名護市安部の小字「上原」の野山で、白く漏斗(じょうご)形の長い花を咲かせている。 自生しているユリの高さは、約1メートルの茎の先に長さ約15センチの花が30輪ほど観察できる。