新型コロナ沖縄の今

「正直言って怖い」 患者急増で極度の緊張続く医療現場 感染の恐怖に疲労…医師の支えは使命感

2020年4月14日 05:00

【新型コロナ 沖縄の今】医師は今

男性医師の主なスケジュール

医療現場で不足がいわれる防護服やゴーグル、手袋

男性医師の主なスケジュール 医療現場で不足がいわれる防護服やゴーグル、手袋

 防護服に全身を包み病室に入る。緊張がひときわ高まる。治療を待っているのは新型コロナウイルスの患者だ。沖縄本島内のある病院。連日、患者が運ばれてくる。治療の中心を担う感染症医の男性は「正直言って感染は怖い」と明かす。医療体制の維持に危機感を募らせながらも、「今、僕らを支えているのは医療従事者としての矜持(きょうじ)」と語る。未知のウイルスと相対する最前線に迫った。

■高まる緊張

 4月に入り、院内はずっと緊張状態が続いている。県内関係の患者は3月は7人だったが、4月は13日までで既に63人。半月足らずで3月の10倍近くに跳ね上がった。「このまま際限なく患者が増えたら、医療を維持できなくなる」。男性は不安をあらわにする。

 忙しさからか、一日が短く感じる。毎朝6時半には出勤して新型コロナ以外の入院患者を診る。合間に、ぐんと増えた書類仕事をに追われる。新型コロナは国の指定感染症のため入退院などの際に、保健所に書類を出さなければならない。

 その後、院内調整や感染対策の会議。昼前に県のウイルス検査の結果が出て新たな患者が分かり、保健所から入院受け入れを求める連絡が来る。午後はその調整、コロナ患者の診察、患者一人一人についての治療方針を決める会議が続く。気付けば夜になっている。

 「夜明け前に起きて病院に行き、帰って寝る」を繰り返す日々。食事は朝昼晩、院内の売店で済ます。土日も出勤で、丸一日の休みはない。「家族とはほとんど会っていない」。声に折り重なった疲労がにじむ。  

●疑問・困りごと募集

 新型コロナウイルスの感染が広がり、くらしや経済、学校生活に影響が広がっています。読者の皆さんがいま困っていることを、ぜひお寄せください。沖縄タイムスは、県民の「疑問」や「困り事」などを共有する企画を始めています。

 受け付けは下記から特設サイトにアクセスするか、郵送で郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」まで。ファクスは098(860)3483。メールはshakai@okinawatimes.co.jp

 >>特設サイトはこちら


沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
来春の選抜大会の切符を懸けて戦う九州大会の出場を目指し「第71回沖縄県高等学校野球秋季大会」の全試合をイニング速報します。
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。