沖縄タイムス+プラス ニュース

「いつか出ると思っていた」 「次々に感染していくのでは」 市民、石垣島での感染拡大を懸念

2020年4月14日 08:23

 沖縄県内離島で初となる新型コロナウイルスの感染者が13日、石垣島で確認された。中山義隆石垣市長は記者会見で市民に落ち着いた行動を呼び掛け、「一人一人の自覚ある行動が感染防止に必要だ」と予防対策の徹底を求めた。市民や竹富町民からは冷静な受け止めが目立つが、「島なので感染拡大も早いのでは」と懸念の声も聞かれた。

人通りがなく閑散とした市最大の商店街「ユーグレナモール」=13日、沖縄県石垣市大川

 市では、県などに先んじて観光客らの来島自粛を要請し、小中学校の臨時休校を決めるなど取り組んできた。中山市長は経緯を振り返り「感染者が出たことは大変残念だ」と唇をかんだ。ただ時間の問題だったとの見方も語り、市民の不安を打ち消して、引き続き対策への協力を求めた。  住民らにも動揺が広がった。石垣市大川の仲宗根康公さん(32)は「小さな島なので次々に感染していくのでは」と懸念する。経営する土産品店は営業を続けているが今後、さらなる客の落ち込みが予想される。「従業員の健康も守らないといけない。営業を自粛するべきか悩んでいる」  石垣港離島ターミナルで西表島行きの定期船を待っていた大熊友和さん(43)=竹富町=は「観光客が出入りしている以上、いつか出ると思っていた。西表島に持ち込まないようできることを徹底したい」と話した。  市役所を訪れた高橋弘美さん(61)は中山市長のツイッターで知った。「先行きが見えず不安は大きい」と話しながらも、「市民のこれまで以上の外出自粛の徹底が結果として早期終息につながると思う」と冷静に受け止めた。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
「Link-U(リンクユー)」を通して壺屋陶器事業協同組合(島袋常秀理事長)の陶器販売を支援
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?