沖縄県内で豚熱(CSF)が相次いで発生した要因の一つに、農林水産省は各農家の養豚場が近いことに加え、豚の飼育委託や車両の往来といった農家間の関係が密接であることを挙げる。