沖縄県の玉城デニー知事は14日、県庁で会見し、豚熱(CFS)が発生した養豚農家や移動、搬出の制限で経営に影響を受けた農場に対し、経営再建に向けた支援体制を強化する考えを示した。また、同日午前0時に、うるま市の発生農場から3キロ圏内の移動制限区域を解除したことを受け、豚熱発生の「収束」を宣言した。