沖縄タイムス+プラス プレミアム

地元自治会長「米軍も誠実に対応して」 PFOS含む泡消化剤、漁港にも漂着 沖縄県が海水採取

2020年4月15日 12:29有料

 沖縄県環境部は14日、米軍普天間飛行場から漏出した泡消火剤が浦添市の牧港漁港内に残留していないかを調べるため、漁港周辺の5カ所から海水を採った。民間の調査機関に委託し、泡消火剤に含まれる有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)の濃度を調べる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ