沖縄タイムス+プラス ニュース

<米軍ヘリパッド>事前協議なしの立木伐採「遺憾」 稲田防衛相

2016年8月5日 12:42

 【東京】稲田朋美防衛相は5日の閣議後会見で、東村高江のヘリパッド建設を巡り、沖縄防衛局が、一部で沖縄森林監督署との事前協議をせず立木を伐採していたと明らかにし「あってはならない遺憾なことだ。今後の工事については、こういうことがないように注意をしながら事業を進める必要がある」と述べた。

稲田朋美防衛相

 東村が移設を容認しながら、オスプレイの配備には反対していることについては「地元の難しい課題はある。地元のみなさんの不安については、一つ一つ粘り強く説明していく必要がある」とし、北部訓練場の一部返還で在沖米軍基地の約2割が減少し負担軽減につながることを訴え理解を促す考えを示した。

 県道70号区域から撤去されたテントと、経済産業省前にあり撤去のため係争中の脱原発のテントの対応の違いについては「(高江は)防衛省設置法の定める必要な措置をおこなった。法的な根拠がないということではない。経産省前のテントに関しては、詳細について知らないので、答える立場にはない」との回答にとどめた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS