沖縄タイムス+プラス ニュース

コロナ禍で苦しむ運転手さんを喜ばせたい 石垣島のブランド牛弁当を無料配布

2020年4月17日 05:00

 新型コロナ禍で苦しむ運転手さんを喜ばせたい-。沖縄県石垣市大川の「美崎牛本店」(美崎信二社長)は13日から、石垣島のブランド牛を使った特製弁当を、タクシー乗務員へ無料提供する取り組みを始めている。精肉販売と外食を営む同店も、観光客が主だった焼き肉店の夜の営業自粛を余儀なくされているが、タクシーは地元客の利用がほとんど期待できない状況。同店はこれまで多くの客を連れて来てもらった恩があると言い、美崎社長は「今こそお返しする時」と話している。

タクシー乗務員へ特製弁当を無料提供する美崎信二さん(手前)=13日、石垣市大川の「美崎牛本店」

 全国的な感染拡大と外出自粛の広がりを受けて、同店は4月に入り、観光客の来店がぴたりと止まった。地元向けの精肉販売と通販に活路を見いだすも、外食の自粛に追い込まれた。

 その時、知り合いの乗務員から「昼飯を食べるのも大変」との悲痛な声を聞いた。「みんな苦しいが、今こそ地域一体で助け合うことが必要だ」。弁当の無料提供を決心した。

 島のタクシー会社は12社で台数は約300台。仮に半分でも150食分が必要になるが、「300食でもやる。会社が傾こうが、悔いはない」

 初日は従業員が午前6時から仕込み。「全員で働ける」と従業員も歓迎した。この日は美崎牛のカレーで午前11時の提供から多くの乗務員が店舗に乗り付け、笑顔で受け取っていった。

 県ハイヤー・タクシー協会八重山支部の伊良皆高司支部長は売り上げが7~9割減とした上で「支援はうれしい。また早く多くの客を送り届けたい」と感謝した。今月30日まで定休日の水曜を除き無料提供する。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ