県母子寡婦福祉連合会(那覇市)に2018年度寄せられた養育費に関する相談件数は371件で、08年度に養育費に特化した専門の職員による相談窓口を設置して以降、過去最多となったことが分かった。このうち離婚前の相談が156件と全体で最も多い42%を占め、次いで母子世帯が152件で41%だった。