パン屋が舞台の人気漫画を実写化したドラマ「マイラブ・マイベイカー」(全12話)が今夏、映像配信サービス「ひかりTV」や関西テレビなどで配信、放送される。主演の本仮屋ユイカは「パンに対して真っすぐで、少し天然なところもある魅力的な女性を演じられてうれしい」と喜びをにじませた。

 パン屋の店長を演じる本仮屋ユイカ((C)2020「マイラブ・マイベイカー」製作委員会)

 本仮屋演じるパン屋の店長小岩美々子と、三つ星フランス料理店でシェフを務めていた過去を持つ新人アルバイト北薫のもどかしい恋模様を描く。「原作の持つ温かさに、恋愛のハラハラドキドキが加わって、より楽しんでいただける作品になっている」と本仮屋。

 北を演じる飯島寛騎は、役について「不器用だけど、食への志は絶対に曲げない」と語った。自身も「温かいものを届けるべく作品に取り組んだ」という。

 美々子に思いを寄せるベーカリープロデューサーの柏木広は、竹財輝之助が演じる。「恥ずかしいことをさらっとやってのける独特のキャラクターにしてもらった。かわいらしいパンと、魅力的なキャラクターが織りなす世界観を楽しんでほしい」とコメントした。(共同通信)