沖縄タイムス+プラス ニュース

作業員が新型コロナ感染 沖縄の新基地建設 きょう17日の工事は中断

2020年4月17日 09:30

 沖縄防衛局は16日、名護市辺野古の新基地建設に伴う海上工事に携わる作業員1人に新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。「17日は状況の整理を行うため、米軍キャンプ・シュワブ内の工事をいったん中断する」としている。18日以降に工事再開するかどうかは言及していない。

(資料写真)米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。辺野古側(左)は埋め立てが進むが、軟弱地盤がある大浦湾側(右)はほぼ手つかずだ=名護市辺野古(小型無人機で撮影)

 防衛局によると、感染した作業員と勤務外で行動を共にした知人が後日、感染していたことが判明したという。

 感染した作業員と同じ建物で勤務し、濃厚接触の可能性がある工事作業員らは既に自宅待機しているという。建物についても消毒を終えたとしている。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間