沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄県、死亡者の詳細明かさず 公表範囲さらに縮小 識者「予防のため情報を」

2020年4月17日 10:00有料

 新型コロナウイルス感染症で16日、県内初の死亡例が明らかになった。亡くなった患者に関して、遺族の意向を理由に県が公表した情報は「70代」という年代だけ。性別、居住地、職業、発症の経緯など大半は非公表に。識者は「社会で予防に結びつく情報は出した方がいい」と話す。

連載・コラム
きょうのお天気