沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄知事、菅長官に電話で工事中止要請 辺野古の作業員1人が感染 新型コロナ

2020年4月17日 09:37

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設工事に携わる作業員1人に新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受け、玉城デニー沖縄県知事は、17日朝、菅義偉官房長官に電話で工事中止を求めた。同日午前9時すぎに登庁した際、明らかにした。玉城知事によると管官房長官から「現状を確認する」という返答があったという。

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、記者団の質問に応じる玉城デニー知事=17日午前、県庁

(資料写真)玉城デニー沖縄県知事

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、記者団の質問に応じる玉城デニー知事=17日午前、県庁 (資料写真)玉城デニー沖縄県知事

 玉城知事は、新型コロナウイルス感染拡大に備える緊急事態宣言の対象が全国に広がったことについて「対応を早急に検討し決定していかないといけない」と危機感をにじませた。関係部局長などで対策会議を開催し、対応にあたる考え。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ