沖縄タイムス+プラス ニュース

「沖縄独自の緊急事態宣言を」自民が県に求める 自衛隊との協力体制の構築も

2020年4月18日 13:52

 県議会会派の沖縄・自民(島袋大代表)は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言の発令や、離島で感染者が発生した際、患者搬送を依頼できるよう自衛隊との協力体制の構築を県に求めた。

沖縄県庁

 島袋氏は「県民の命にかかわる緊急事態で、県は感染予防を最優先にすべきだ」と指摘。県独自の県民への現金給付や官公庁でのテレワーク推進、医療従事者への支援などを求めた。

 対応した大城玲子保健医療部長は「これ以上、感染拡大させないため強い外出自粛要請が必要だ」と述べた。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気