木村草太の憲法の新手

[木村草太の憲法の新手](126)検察官定年延長の法改正 解釈変更は条文上不可能

2020年4月19日 15:00有料

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政府対応の遅れを憲法に責任転嫁する言説が目に付くが、それについては、次回詳しく論じる。 喫緊で注視すべきは、緊急時の混乱に乗じた、不当な立法や政府の権限乱用だ。中でも、検察官の定年を延長する検察庁法改正が気にかかる。

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスでの好評連載をまとめた第2弾。2017年1月から19年3月までを収録。改憲論議、児童虐待、文書管理、デマとの対峙、県民投票など多岐にわたる事象を、憲法学の観点から論じる。

■木村草太 著
■四六判/211ページ

ご注文はこちら

連載・コラム
記事を検索