沖縄タイムス+プラス ニュース

ふわふわ綿菓子器からコロナ対策マスク 高性能繊維の製造法、沖縄の大学院大が発表

2020年4月22日 05:20

 沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村)のマヘッシュ・バンディ准教授を中心とする研究チームが、業務用の綿菓子製造器などの身近な材料を用いて、新型コロナウイルスの感染防止に有効な高性能マスクを製造する方法を明らかにした。9日にOISTのホームページで発表した。

綿菓子製造器を利用して作った高性能マスクを持つマヘッシュ・バンディ准教授=13日、恩納村・沖縄科学技術大学院大学(OIST提供)

 バンディ准教授は、ウイルスなどの微粒子の95%以上を通さないことから医療現場で利用されることが多いN95マスクの製造工程が、業務用製造器で綿菓子を作る工程と似ていることに着目した。

 綿菓子製造器は、加熱された多数の小さな穴が空いた筒状の容器に砂糖を入れて回転させることで、溶けた砂糖が遠心力で穴から飛び出し、繊維状の綿菓子を作る。

 バンディ准教授は、マスクの繊維を作るため、砂糖の代わりに、ペットボトルのキャップなどに使われるポリプロピレン製のプラスチックを小さく砕いた粉末を使用。さらに、綿菓子製造器に車のバッテリーを取り付けて繊維に電圧をかけることで、ウイルスなどの細かい微粒子を静電気で吸着する機能を持たせることに成功した。

 これはN95マスクも持つ機能で、完成したマスクは、新型コロナウイルスと同程度の大きさの粒子をキャッチできていることも実験で確認された。

 研究の中心になったバンディ准教授の元には南米や欧州など世界各国から問い合わせが殺到。バンディ准教授は「身近な物で高性能マスクを作れることが分かった。新型コロナウイルス感染防止に少しでも役立ってほしい」と期待した。(北部報道部・西倉悟朗)

連載・コラム
きょうのお天気