名護市辺野古の大浦湾側で確認された軟弱地盤の改良工事に伴い、沖縄防衛局が変更承認申請を県に申請したのは、二つの有識者会議で「しっかり議論され、十分に検討された内容」と“後ろ盾”を得たとの自信があるからだ。