未曽有の国難に打ち勝とうと、暗中模索で取り組んでいる矢先に、沖縄防衛局は辺野古埋め立て工事の設計概要変更承認申請を提出した。玉城デニー知事のいう「対話によって解決策を求める民主主義の姿勢」は、政府にはみじんもないようだ。