オリオンビール(早瀬京鋳社長)は22日、トレーニングジム運営のRIZAP(ライザップ)グループと開発した糖質ゼロのアルコール飲料「FITTER(フィッター)」を28日から発売すると発表した。県内の量販店やコンビニで販売する。

オリオンビールが発売する新ブランドFITTER「ハイボール」(左)と「チューハイ」

 ハイボールと酎ハイの2種類。「太る事を気にせずおいしく飲めるお酒」として、30~40代の男女をターゲットに売り出す。初年度は350ミリリットル換算で、6万6千ケースの販売を目指す。

 アルコール度数6%のハイボールは、発汗作用や脂肪分解効果が期待できるトウガラシ抽出液を配合。すっきりとした味わいで、後味に残る辛さが特徴。オープン価格は税抜き180円。

 度数3%の酎ハイ「アセロラ&ハイビスカス」は、甘酸っぱさとハイビスカスの香りが広がる爽やかな味わい。炭水化物に含まれる糖質の吸収を抑える効果があるとされる白インゲン豆抽出物を使用した。オープン価格は同152円。ライザップ那覇店の神谷勇斗トレーナーは「ライザップでも初めての取り組み。皆さんの健康を支えるお手伝いをしたい」と話した。

(写図説明)オリオンビールが発売する新ブランドFITTER「ハイボール」(左)と「チューハイ」