沖縄タイムス+プラス ニュース

インターハイ初の中止で県総体は? 県高体連がコメント発表

2020年4月27日 10:01

 全国高等学校体育連盟(全国高体連)は26日、ウェブ会議による臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今夏に東北から九州の21府県で分散開催される予定だった全国高校総合体育大会(インターハイ)の中止を全会一致で決めたと発表した。競技中だけでなく移動や宿泊による感染リスクが大きく、生徒らの安全最優先で判断した。各競技の全国高校選手権を統合して1963年から始まった全国高校総体の中止は史上初めて。

全国高校総体の陸上競技が開催される予定だった静岡スタジアムに設置されているカウントダウンボード。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、史上初のインターハイ中止が決まった=26日午後、静岡県袋井市

 夏季の全国高校総体は部活動の集大成の場として30競技の高校日本一を決める大会。今夏に東海地方で予定される全国中学校体育大会(全中)も中止の方針で、日本高野連などが主催する同時期の全国高校野球選手権大会(甲子園)の開催判断にも影響を与えそうだ。高野連は「協議の参考にする」として5月20日に運営委員会を開く。

 インターハイ中止を受け、沖縄県高校体育連盟はすでに延期を決めている県総体の開催の可否を検討する。上地勇人会長は「開催に向け模索していくが、今後の状況に応じて中止を含めて判断する」とのコメントを発表した。


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気