沖縄タイムス+プラス ニュース

「お菓子で元気になって」 美ら島財団が660箱を贈呈 沖縄タイムス社に託す

2020年4月27日 16:00

 沖縄美ら島財団は24日、新型コロナウイルス感染防止で臨時休館となっている沖縄美ら海水族館などで販売予定だった菓子約660箱を沖縄タイムス社に託した。

菓子660箱を沖縄タイムス社に託す沖縄美ら島財団の仲松辰弥さん(右)と満名誠さん=24日、那覇市・沖縄タイムス社

 財団は14日にも菓子類1500箱を贈呈しており、2回目。財団営業推進部の仲松辰弥課長=写真右=は「新型コロナの影響で県内全域に元気がない。菓子を通して元気に明るく頑張ってほしい」と話した。

 贈呈された菓子の配布は、財団と同社、国営沖縄記念公園事務所、県都市公園課の4者が協力して実施している弱酸性次亜塩素酸水(次亜水)の無償配布に合わせて行う。

 次亜水を受け取りに来た神森やまねこ学童(浦添市)スタッフの秋元健汰さんは「地域や企業からの支えが助かる。子どもたちもおやつを喜ぶ」と話した。

連載・コラム