1952年のサンフランシスコ講和条約の発効から28日で68年を迎える。敗戦国日本が独立を回復し、沖縄は日本の施政権から切り離された。沖縄の米軍基地が拡大し、本土との負担の格差が生まれるきっかけとなった「屈辱の日」として刻まれる。