沖縄タイムス+プラス ニュース

まさひろとヘリオスが高濃度アルコール発売 手指の消毒の代替用

2020年4月29日 07:00

■まさひろ酒造

 まさひろ酒造(糸満市、仲嶺豊社長)は28日から、新型コロナウイルスの感染予防として、消毒用エタノールの代替利用を想定した高濃度アルコールのスピリッツ「まさひろウォッカ66%アルコール」=写真=を発売する。泡盛と同じ原料の米こうじを蒸留。手指に塗布しても気にならないように、香りを抑えたウオッカとして仕上げた。

高濃度アルコールのスピリッツ「まさひろウォッカ66%アルコール」(まさひろ酒造提供)

ヘリオス酒造の高濃度アルコール「HELIOS SPIRITS 77」

高濃度アルコールのスピリッツ「まさひろウォッカ66%アルコール」(まさひろ酒造提供) ヘリオス酒造の高濃度アルコール「HELIOS SPIRITS 77」

 同日から、量販店・酒販店に向けて出荷する。電話での注文受け付けで、1ケース(700ミリリットル6本)1万円(税込み・県内送料込)で宅配便による代金引換での販売もする。

 受け付けは午前10時から午後5時。商品は5月1日からり順次発送を予定。問い合わせは同社、電話098(994)8080。

■ヘリオス酒造

 ヘリオス酒造(名護市、松田亮社長)も28日、手指消毒に代替できる高濃度アルコール「HELIOS SPIRITS77」(アルコール度数77%、500ミリリットル)=写真=の予約販売を開始する。本島内限定販売。同社の泡盛「轟」が原酒。価格は税抜き1800円で、1世帯2本限定販売。

 予約注文のみの受け付けで、同社のオンラインショップや電話などで注文できる。出荷開始は30日から。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、商品の受け渡しは発送で対応する。

 広報の松田あかねさんは「消毒用アルコールが不足する中、お客さまに安心してほしいとの思いから生産を始めた。まずは、高齢者施設や子ども園など必要な人に届けたい」と話した。問い合わせは同社、電話0980(52)3372。

連載・コラム
きょうのお天気