大弦小弦

[大弦小弦]笑いと優しさにある強さ

2020年4月30日 09:29

 内戦下のシリアで暮らす親子が、爆音で大笑いする動画がある。今年2月、SNSを通じて世界中に広がった

▼父親のアブドラ・ムハンマドさんが「飛行機かな、爆弾かな」と問い掛けると、3歳のサルワちゃんは「爆弾。爆発したら笑おうね」と答える。爆発音が聞こえた瞬間に大笑いする。父親が娘の恐怖を和らげようと思いついたのは、爆撃をゲームに変えることだった

▼シリアでは2011年の反政府デモを契機に内戦が拡大。死者・行方不明者は50万人を超えるといわれ、経済活動も停止している。先月6日から停戦期間に入っているが、戦闘再燃の恐れは排除できない。医療体制が疲弊している避難民キャンプでは、新型コロナウイルスの危機も迫る

▼動画を見て、イタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」を思い出した。家族とともにナチスの収容所に送られた父親が、ユーモアで息子を安心させて守り抜く姿が描かれている

▼映画には、どんな状況下でも希望を持って生きれば「人生は美しい」とのメッセージが込められている。AFP通信によると、シリアの親子は隣国トルコに脱出し、新生活を始めているという

▼日本では、コロナ禍のゴールデンウイークが始まった。こんな時だからこそ、笑いや優しさを大切に過ごしたい。先の見えない不安や怖さを乗り越えるためにも。(吉川毅)

連載・コラム
記事を検索