沖縄電力(本永浩之社長)が30日発表した2020年3月期決算(連結)によると、売上高は前期比0・6%減の2042億9600万円、経常利益は78・4%増の93億1100万円で3年ぶりの減収増益となった。新電力事業者への契約切り替えが進み、収入の柱となる販売電力量が減少した。