昨年8月に粟国空港で着陸事故を起こし、那覇-粟国の定期航空便が約1年にわたって運休している問題で、運航会社の第一航空(大阪府)が来年7月にも運航を再開したいとの意向を県や粟国村に伝えていたことが8日、分かった。