胃心地いいね

バリ島で磨いた腕 絶妙スパイスで多国籍の味 持ち帰りメニューも

2020年5月2日 07:00

◆胃心地いいね エボニー&アイボリーパントリーキッチン 沖縄市久保田

エボニー&アイボリーパントリーキッチン(プラザハウス内)

人気の「ココナツとチキンのイエローカレー デザート付き」(手前)と「チキンのグリル レモングラスソース添え」。県産の季節野菜がごろごろ入っている

インドネシア・バリ島出身のプルワ料理長。店頭には多彩な弁当も用意している=28日

エボニー&アイボリーパントリーキッチン(プラザハウス内) 人気の「ココナツとチキンのイエローカレー デザート付き」(手前)と「チキンのグリル レモングラスソース添え」。県産の季節野菜がごろごろ入っている インドネシア・バリ島出身のプルワ料理長。店頭には多彩な弁当も用意している=28日

 プラザハウス内のロジャースフードマーケットの一角にある「エボニー&アイボリーパントリーキッチン」。

 店名は歌手のポール・マッカートニーさんとスティービー・ワンダーさんによる楽曲に由来。「食が奏でるパーフェクトなハーモニーを小さなキッチンから発信したい」と名付けられた。

 店内は天然色のテーブルといすに、かご製のペンダントライトがぶら下がる南国リゾート風でスタイリッシュ。インドネシア・バリ島出身で地元有名レストランやホテルの料理長を務めたシェフ、プルワさん(53)が「世界各地の『おいしい』をみんなで楽しんでほしい」と腕を振るう。沖縄風にアレンジしたバリ料理をはじめ、県産食材を使ったスペイン料理、地中海、中東など多国籍のメニューが楽しめる。

 こだわりはインドネシア料理に欠かせない調味料「ブンブ」。店では17種類のスパイスとハーブを調合したブンブで味と香りの土台をつくる。人気はブンブにターメリックを強めに入れ、ココナツミルクでマイルドに仕上げた「ココナツとチキンのイエローカレー」(800円)。「チキンのグリル レモングラスソース添え」(800円)は、ブンブに一晩漬け込んだチキンとさっぱりソースの相性がいい。定番のナシゴレンも人気だ。

 豆と野菜のグリーンカレー(800円)やひよこ豆団子とごまソースのピタパンサンド(500円)など、動物由来の食品を使わないヴィーガン対応のメニューも。新型コロナウイルス感染拡大防止のため一部のメニューを除きテークアウトできるのもうれしい。店頭には日替わりの弁当もある。風が心地いいテラス席で世界の味を頬張るのも乙だ。(中部報道部・石川亮太)

 【お店データ】沖縄市久保田3の11の1、プラザハウスフェアモール1階、ロジャースフードマーケット内。営業時間は午前10時~午後9時(現在は短縮営業で午後8時まで)。定休なし。約35席(テラス席含む)。電話098(932)4484。

 

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ