沖縄タイムス+プラス ニュース

外出自粛呼び掛け 映像車でコロナ感染防止をPR 沖縄のタレントらが出演

2020年5月2日 11:06

 沖縄県内で音響や照明などの事業を手掛けるうるまAVセンター(前川和夫社長)が4月27日から、うるま市内と沖縄市内で、新型コロナウイルス感染拡大防止の周知映像を、同社の大型映像車で流している。期間は5月6日までを予定。担当者は「多くの方々に思いが届いてほしい」と話している。

大型映像車を使い、新型コロナウイルス感染拡大防止の映像を映しながら巡回する取り組みを始めた、うるまAVセンターの武田誠営業部長=4月27日、沖縄市役所前

 県内のタレントら著名人が出演し、外出自粛やせきエチケットに気を付けることなどを呼び掛ける「Save Okinawa Project」の映像を放映。うるま市役所前や沖縄市役所前、胡屋十字路など各地を巡回する。同社の武田誠営業部長は「動画を放映することで、1人でも多くの人が意識するきっかけをつくれれば」と語った。

 沖縄市役所前で映像を見ていた、同市市民健康課の森口まり課長は「高齢者らにとって有意義な取り組みになると思う。ありがたい」と話した。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間