沖縄気象台は1日、4月の平均気温を発表した。気温を観測する全25地点のうち11地点で3月の平均気温を下回った。渡嘉敷では3月平均比マイナス0・9度の17・9度、南大東では同マイナス0・4度の20・4度だった。

寒い(イメージ写真)

 冬型の気圧配置が平年より強く、大陸からの寒気の影響を受けたため、沖縄地方の4月の平均気温は平年より1・4度低かった。平年差がプラス1度と高かった3月から一転、ヒンヤリした気候となった。

 そのほかの主な観測地点の平均気温は那覇19・8度、名護19・1度、久米島19・8度、宮古島21・2度、石垣島22度、西表島21・7度、与那国島21・7度だった。